宅ふぃある便&Evernote

2011-08-11

皆さんこんにちは。今日もとても便利なサイトを紹介します。

まず一つ目は「宅ふぁいる便」です。
http://www.filesend.to/

有名なのでご存知の方も多いのでは?
ファイルを送信する方は要会員登録なのですが、受け取る方は会員登録なしでOK。

最大10ファイルを一度の送信で送れ、ファイル送信容量は無料会員の場合は50MB

こちらが、送りたいファイルを添付し、受け取って欲しい相手のメールアドレスを入力するだけで自然にその相手にファイルが届けられます。あとは相手がファイルをダウンロードすれば終了。ファイルの送信相手がファイルを開封(ダウンロード)したことを開封確認メールで通知してくれるので安全安心ですね^^

ただ、送信可能な容量が無料会員の場合は50MBと制限があったり(無料で登録できるプレミアム会員の場合は最大100MBまで)、ファイルの保管期間が72時間と少ないのが難点です。ちなみに有料会員1GBまでOKです^^

二つ目は「Evernote(エバーノート)」です。
http://www.evernote.com/about/intl/jp/

これは知らない方も多いのではないでしょうか?一言で言うと「WEB上に置いておけるノート」です。

これは、テキスト情報、画像、Webページ、PDF、音声ファイルなど全てのファイルを一つの場所に入れて一元管理する事ができるサービスです。
ノート」と言われる場所(例えるなら「メモ帳」)に、画像やファイルを添付するだけでOK。ノートに付箋や写真を貼るといった形で「ノートの中に保管」する仕組みになっています。

情報は、タグをつけることにより整理でき、それらのファイルを、PC、携帯、Webで共有できるため、活用したいときにすぐに活用できるという優れもの!
なお、トップページよりログインする方法もあるのですが、ダウンロードして活用したほうが使い勝手が良いのでオススメです。(添付がドラッグ&ドロップで簡単にできます!)

月当たりの転送量ですが、無料会員1か月40MBと制限されています。
有料会員になると月500MBまで増えます。
でも保存容量無制限なので十分利便性があります。

そしてEvernoteの最大の魅力が検索機能です。

検索はタグやファイル名の検索だけでなく、なんとPDFファイルの中のテキストや画像の中の文字まで認識して検索する事が出来ます。これでどこにどのデータを置いたんだろう?と悩む心配がなくなりますね。

また、iPhoneAndriod携帯Blackberryと相性がよく、http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/よりご自分の携帯に該当するものをダウンロードして使うと、ボタン一つで画像を添付できたり、音声を添付できたりします。

ここで一つ良い活用方法を。
昔の資料を捨てたいけど内容をメモしたい。でもいちいちEvernoteに書くのが面倒だ・・・と思っている方。
その資料をスキャンして、画像として残しておく方法はいかがでしょうか?
これでその内容を入力する必要もなくなりますし、時間の節約になるのでは?
皆さんも是非使いやすい方法で活用して下さいね^^


© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY