【まとめ】デジタルカメラの画像サイズ

2011-09-29

皆さんこんにちは。
アカウント特集いかがだったでしょうか?
本日はパソコンから視点を切り替え、デジタルカメラについてお話いたします。

デジタルカメラの操作で重要なものの一つが画像のサイズです。
「写真として残せればいいや」といった考えですと
せっかく良いカメラを購入しても宝の持ち腐れとなってしまいます。

画像サイズの紹介の前にまず画像の基本情報をお話しますね。
デジカメで撮影した写真は「ピクセル」という点に変換されます。そのピクセルの数が多いほど高画質となります。
このピクセルとは言うならば「ドット(点)」です。

つまり1600×1200の画像サイズの場合、画像の中に横1600個、縦1200個の点が敷き詰められているということになります。
ですから画素数が高い=高画質となる訳です。
なお一般的に撮影サイズは静止画の場合 [幅 : ○ ピクセル × 高さ : ○ ピクセル]と表記されます。

以下デジカメの適切サイズまとめです。

デジカメのサイズについて

名前 画像サイズ(幅x高さ)
ホームページ掲載、メール添付など 640 × 480 ピクセル
800 × 600 ピクセル
L判プリント 1024 × 768 ピクセル
1280 × 960 ピクセル
2 L 判プリント 1600 × 1200 ピクセル
A 4 判プリント 2048 × 1536 ピクセル
2304 ×1728 ピクセル

いかがでしょうか?

もし撮影する時にどのサイズで印刷するか悩まれている方がいらっしゃいましたら、とりあえず大きな画像で保存しあとで縮小するといった手もあります。
しかしその場合、メモリーカードの関係でデジカメの容量が一杯になってしまう可能性もあるのでその辺りを注意しながら撮影してくださいね。

良い写真撮影で思い出作りして下さいね^^


© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY