Archive for the ‘アカウント作成方法’ Category

ニコニコ動画とYouTubeのアカウント作成

2012-03-07

ニコニコ動画の新規アカウント登録とYouTubeのアカウントについて

皆さんこんにちわ。

今回は、ニコニコ動画の基本的な機能を利用するために必要な、無料アカウントの登録方法と「YouTube」のアカウントについてご説明します。

ニコニコ動画アカウント新規登録

ニコニコ動画を利用するためにはまず会員登録が必要になります。
会員の種類には有料の「プレミアム会員」と無料の「一般会員」があります。
プレミアム会員はニコニコ動画の提供する様々な特典を受けることができます。(月額525円)
一方、一般会員はニコニコ動画の基本的なサービスを受けることができ、無料です。

今回は一般会員としてアカウントを作成する方法を解説します。

まず、以下のサイトにアクセスします。
ニコニコ動画(原宿)

「ニコニコ動画アカウント登録」をクリックします。

ニコニコ動画ページの図
 
「ニコニコ動画アカウント新規登録」画面で「一般会員登録(無料)へ」をクリックします。
ニコニコ動画アカウント新規登録画面
 
登録するメールアドレスを入力し「次の画面に進む」をクリックします。
STEP1 メールアドレスの入力画面
 
登録したメールアドレスにニコニコ動画からのメールが送られます。
STEP2
 
「ニコニコ動画登録案内」メールを開いて確認します。
「下記のURLにアクセスして、登録をお願いします。」と表示されますので、下のURLをクリックします。

ニコニコ動画登録案内メール
 
プロフィールの登録画面が表示されますので、プロフィールを入力し、「次の画面に進む」をクリックします。
プロフィールの登録画面
 
「アカウント登録が完了しました!」の画面が表示されたら、登録の完了です。
ニコニコ動画 アカウントの登録の完了を知らせる画面

YouTubeのアカウント作成

YouTubeのサイトでアカウントを作成しようとするとGoogleのアカウント登録画面にジャンプします。

つまりGoogleでアカウント登録しておけばYouTubeも利用することができます。

Googleでのアカウント登録の方法については
第6回 Googleでの新規アカウント作成をご覧下さい。


第4回 Twitterでの新規アカウント作成
パソコンユーザーに必要不可欠な「アカウント」

Google AJAX Feed APIアカウント取得方法

2011-09-30
皆さんこんにちは。今日はGoogle AJAX Feed API取得方法についてお話します。

これはRSSなどのフィードを読み込んで表示させることができるAPIです。
また、通常のホームページなどのサイドバーに表示することも可能です。
例えば最新の情報をサイトのサイドバーに自動的に更新した情報を表示させることができます。

まずGoogle AJAX Feed APIキーのアカウント取得ページにアクセスします。

Google AJAX Feed API
http://code.google.com/intl/ja/apis/ajaxfeeds/

続いて画像を参考に、画面右端にある(画像で赤く囲ってある)部分をクリックしてください。
Google AJAX Feed API

赤く囲いがしてある部分にご自分のサイトのURLを入力します。

その後に「Generate API key」のボタンをクリックします。
Google AJAX Feed API

以下の画面がでてきたら完了です。
Google AJAX Feed API

いかがでしょうか?
数分で出来てしまうので是非チャレンジして下さいね^^

Google Analyticsアカウント取得方法

2011-09-30
皆さんこんにちは。今日はGoogle Analytics取得方法についてお話します。

以前、Googleアカウント取得についてお話したことを覚えていますでしょうか?
Googleアカウントを持っていれば無料で活用することができるのがこのGoogle Analyticsです。

これは無料なのにとても高機能なアクセス解析ツールです。月間アクセス500万ページビューまで無料で利用することができ、訪問ユーザーがサイトでどのような操作を行ったかや、どのようにサイトを見つけたかなどあらゆる情報を収集できます。

まずGoogle Analyticsのアカウント取得ページにアクセスします。

Google Analytics
http://www.google.co.jp/intl/ja_ALL/analytics/

「今すぐお申し込み」をクリックします。
Google Analytics

Googleアカウントを入力し、ログインします。

Google Analytics

「Google Analyticsに申し込む」ボタンをクリックします。

Google Analytics

各項目について情報入力を行い、続行をクリックします。

Google Analytics

ウェブサイトのURL (解析するサイトのドメインを入力してください。)
アカウント名 (解析する上で分かりやすい任意の名前を入力してください。)
タイムゾーンの国または地域 (日本に在住の場合でしたら「日本」で登録してください。)
タイムゾーン (デフォルトの状態)

次に連絡先情報を入力します。

Google Analytics

新しいアカウントを作成します。

利用規約をよく読み、「はい。上の利用規約の同意します。」にチェックを入れ、「新しいアカウント作成」をクリックします。
Google Analytics

トラッキングコード取得

アカウントの新規作成をクリックすると、トラッキングコードが表示されます。
このコードをアクセス解析したいhtml等に貼り付けます。
Google Analytics

後は、解析された情報を、取得したアカウントから閲覧してチェックができます。

いかがでしょうか?
無料でこの高機能・・・使わない手はないですね^^
一昔前はカウンターがはやっていましたが、今はこの手法をとられる方が多いようですので皆さんもチャレンジして下さい。

第6回 Googleでの新規アカウント作成

2011-09-26

皆さんこんにちは。
アカウント作成紹介も今回でラストになりました。最後のテーマは

Googleでの新規アカウント作成

皆さんよくGoogleの検索は利用されると思うのですが、意外とアカウントを持っている方は少ないのでは?
Googleはアカウント登録することにより、様々なサービスを無料で活用することができるので作成してみてはいかがでしょうか?

Googleへアクセスします。

Google
http://www.google.co.jp/
右上にある「ログイン」をクリックしてください。

新規アカウント

アカウント作成をします。

続いて画面右側にある「アカウントを作成」と書かれたボタンをクリックして下さい。

新規アカウント

必要事項を入力します。

画面の指示に従い、必要事項を入力していきます。

新規アカウント

入力が完了したら、「同意してアカウント作成します」のボタンをクリックします。
すると先ほど入力したメールアドレスに確認のため「Google によるメール アドレスの確認」という件名のメールが送信されます。メールに記載されたURLをクリックするとアカウント作成の完了です。

アカウント登録することにより様々なサービスを無料で受けることができます!
これだけ多くのサービスがあります。

Googleサービス
以前ご紹介した、picasaやyoutubeといったものもGoogleのサービスの一つです。

カレンダー機能は企業で使われていることが多く、共有することにより相手の予定が把握できます。また、カレンダーを簡単にサイトに貼り付けることも可能です。

無料でこれだけのサービスを提供できるGoogleはやはり世界一だと思います!

これにて様々なアカウント作成方法の紹介は終了となります。
お付き合いいただきありがとうございました!今後もお役立ち情報を随時公開していきますので、よろしくお願い致します^^

第5回 Outlook10での追加メールアカウント設定

2011-09-20

皆さんこんにちは。
第5回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Outlook10での追加メールアカウント設定

メジャーなメールサービスなのでご存知の方も多いのでは?
では設定方法を紹介します。

Outlookを起動します。

「ファイル」→「アカウント設定」→「アカウント設定(A)」をクリックします。

追加アカウント

「電子メール アカウント」画面が表示されます

「新規」ボタンをクリックします。

追加アカウント

「サービスの選択」画面が表示されます。

「電子メール アカウント」をクリックし、「次へ」ボタンをクリックします。

追加アカウント

各項目へ入力します。

各項目へ入力後、「次へ」ボタンをクリックします。

追加アカウント

名前:メールの受信者側に表示させる名前
電子メールアドレス:メールアドレス
パスワード:各自契約した会社のパスワード

自動でセットアップが開始されます。

開始後、しばらく待ちます。
「ネットワーク継続の確立」、「サーバー設定の検索」、「サーバーにログオンしてテストの電子メールメッセージを送信」の3項目にチェックが入ったことを確認します。
「完了」ボタンをクリック後、「電子メール アカウント」画面に戻るので、「閉じる」ボタンをクリックします。

なお、自動アカウントで上手くいかなかった場合に手動でアカウントを設定します。

手動でのアカウント設定方法

Outlookを起動します。

「ファイル」→「アカウントの追加」 をクリックします。

追加アカウント

手動設定にします。

「自動アカウント セットアップ」 画面で、「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)」 をクリックし、 「次へ」 をクリックします。

追加アカウント

「サービスの選択」画面が表示されます。

「インターネット電子メール」 を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

追加アカウント

必要事項を入力します。

新しいアカウント追加の画面が出ましたら、必要事項を入力してください。
※サービスプロバイダによっては、さらに詳細な設定が必要となる場合があります。その場合は 画面右下にある「詳細設定」のボタンをクリックし「インターネット電子メール設定」画面を開き必要なオプション設定を行ってください。

追加アカウント

メッセージの配信先を指定します。

「新しいメッセージの配信先」 で、追加するアカウントによって送受信されるメッセージの配信先 (保存先) を決めます。

一般的に新しいOutlookデータファイルを選択することが推奨されています。
これを選択すると追加するアカウント専用のデータファイルが新しく作成され、そのアカウントを使って送受信したメッセージが保存されます。

※なお既存のOutlookデータファイルを指定した場合、追加するアカウントを使って送受信したメッセージが指定した既存の Outlook データ ファイルに保存されるようになります。

追加アカウント

完了したら [次へ] をクリックし、設定は完了します。

是非ご活用下さい^^
次回はGoogleでの新規アカウント作成について紹介します。

第4回 Twitterでの新規アカウント作成

2011-09-08

皆さんこんにちは。
第4回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Twitterでの新規アカウント作成

メディアでも何かと話題のTwitter。まだアカウント作成をされていない方はこれを機会に作成してみては?

Twitterへアクセスします。

Twitterのトップページを開きます。
http://twitter.com/
トップページの右下にある「新規登録」ボタンをクリックします。

新規アカウント

必要事項を入力します。

次に上から名前・メールアドレス・パスワード・ユーザー名と入力していきます。
(パスワードとユーザー名は半角英数字でお好きなものを入力してください。
ただし、他の方が既に使用されているものだと使用できませんのでご注意を!)
入力後に「アカウントを作成する」ボタンをクリック。これでアカウントが作成されました。

新規アカウント

以上となります。とても簡単にアカウントを作成できますね。

ここでTwitterの簡単な紹介をいたします。
Twitteの基本的な情報ですが、まず一度に投稿できる文字数は最大 140文字です。
長い文章などは投稿できません。ですから自分が発信した文章は「つぶやき」と表現されます。

こちらがつぶやきを投稿する画面になります。

新規アカウント

Twitterにはフォローという、他のユーザーを友達のように登録する機能があります。他のユーザーをフォローすると、自分以外のユーザーのつぶやきを自分のページに表示させることができます。

自分をフォローしている相手のことを「フォロワー」といいます。フォロワーを増やすことにより多くの方に自分のつぶやきを表示させることができ、逆にフォロワーのつぶやきも見ることができます。

また「今東京にいます」と自分がつぶやいた場合、それを見ていたフォロワーが「私も東京にいます」と、返事を返してくれることもあります。
この返事は他のユーザーからも見ることができるので、さらにそこから大勢で会話をするような形に発展していくこともあります。
なお、Twitterは世界中のユーザーが登録しており、ニュースや情報がリアルタイムに入ってきます。

皆さんも積極的につぶやき、Twitterを活用してくださいね^^

次回はOutlook2010での追加メールアカウント作成についてご紹介いたします!

最後にホームページの集客・アクセスアップの活用方法についてお話します。

ホームページの集客・アクセスアップの活用方法

魅力的なサイトにする

まずサイトそのものに魅力やコンテンツがないとアクセスしてもらえません。
アクセスしてもらえる「お役立ち情報」や「記事」を充実させましょう。

メールマガジンを活用する

メールマガジンといった方法もあります。ホームページの訪問者にメールマガジンを登録してもらい、メルマガを発行することで定期的にホームページへと集客する方法です。検索連動型広告とは違い、ホームページの運営者がお客様に能動的に働きかけることができます。

SNSを活用する

SNSの活用も一つの手です。
SNSに自分のサイトやブログを紹介し、それを見ているフォロワーや友達がアクセスをし集客に繋がります。

SEOを活用する

そして重要なのはSEOです。
SEOとは検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自分のサイトが表示されるように工夫することを表します。また、そのための技術やサービスのことを言います。
SEOが強いサイトほど検索した際に上位に表示され、クリックされる回数も増え自然と集客に繋がります。

上位のことを踏まえて集客・アクセスアップ頑張ってくださいね!

第3回 Facebookでの新規アカウント作成

2011-09-05

皆さんこんにちは。
第3回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Facebookでの新規アカウント作成

Facebookは実名主義のSNSです。なので安心して交流できます。
まだアカウントを持っていない方はこれを機会に作成してみてはいかがでしょうか?

Facebookへアクセスします。

Facebookのトップページを開きます。
http://ja-jp.facebook.com/
画面の指示に従い・姓・名・メールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

※姓・名:漢字、ひらがな、アルファベットどれでもOK
※パスワード:英数組み合わせて6ケタ以上

新規アカウント

セキュリティチェックをします。

次にセキュリティチェックのため、画面に表示されている英語を入力し、「登録」ボタンをクリック。すると先ほど入力したメールアドレスに登録完了のためのメールが届きます。これでアカウントは作成されました。

新規アカウント

Facebookは実名登録によるSNSであり、現在は全世界で5億人ものユーザーに利用されています。
外国の方とも繋がることができますが、出身校の同級生や、身近な友人を検索することもできます。

主に「ウォール」と呼ばれる部分に投稿し、他のユーザーと交流をします。文字数は最大420字です。
ウォールには写真や画像を簡単に投稿することも可能です。

新規アカウント

また、「いいね!」というボタンがウォールの部分についています。
他の方のウォールを見て共感したら「いいね!」ボタンを押すことにより気軽にコミュニケーションをとることができます。

新規アカウント

ノートという機能を使い、Facebookの中にブログのような長文の日記を書くことも出来ます。

次回はTwitterでの新規アカウント作成について紹介いたします。

最後にホームページの集客・アクセスアップの活用方法についてお話します。

ホームページの集客・アクセスアップの活用方法

魅力的なサイトにする

まずサイトそのものに魅力やコンテンツがないとアクセスしてもらえません。
アクセスしてもらえる「お役立ち情報」や「記事」を充実させましょう。

メールマガジンを活用する

メールマガジンといった方法もあります。ホームページの訪問者にメールマガジンを登録してもらい、メルマガを発行することで定期的にホームページへと集客する方法です。検索連動型広告とは違い、ホームページの運営者がお客様に能動的に働きかけることができます。

SNSを活用する

SNSの活用も一つの手です。
SNSに自分のサイトやブログを紹介し、それを見ているフォロワーや友達がアクセスをし集客に繋がります。

SEOを活用する

そして重要なのはSEOです。
SEOとは検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自分のサイトが表示されるように工夫することを表します。また、そのための技術やサービスのことを言います。
SEOが強いサイトほど検索した際に上位に表示され、クリックされる回数も増え自然と集客に繋がります。

上位のことを踏まえて集客・アクセスアップ頑張ってくださいね!

第2回 Thunderbirdでの追加メールアカウント設定

2011-08-31

皆さんこんにちは。
第2回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Thunderbirdでの追加メールアカウント設定

パソコンを共有している場合に、メールアドレスがもう一つ欲しい・・・!と思うこともあるのでは?
そんなあなたにぴったりの記事となっております。

Thunderbirdを開きます。

「ファイル」 メニューから「新規作成」→「メールアカウント」 と選択します。
メールアカウント設定ウィンドウが開きますので、名前、メールアドレス、パスワードを入力し 「続行」 ボタンをクリックします。
すると自動的に適切なメールサーバの設定が行われます。

追加アカウント

送信サーバを追加設定します。

「ツール」 メニューから 「アカウント設定」 を選択するとアカウント設定ウィンドウが開きます。
画面を参考に左側から 「送信 (SMTP) サーバ」 を選択し、「追加」 ボタンを選択します。
(既存の送信サーバの設定を使用する場合は「アカウントの選択」へ進んでください。)

追加アカウント

項目にしたがって必要な情報を入力します。

入力後「OK」ボタンをクリックして下さい。

追加アカウント

アカウントの選択

左側から、先ほど作成したアカウントのアカウント名を選択します。
右下にある 「送信 (SMTP) サーバ」リストから使用するサーバを選択します。
「OK」 ボタンをクリックし、アカウント設定ウィンドウを閉じます。

追加アカウント

以上で設定は終了です。

是非ご活用下さい^^
次回はFacebookの新規アカウント作成について紹介します。

第1回 Windows 7での新規アカウント作成

2011-08-31

皆さんこんにちは。
アカウント作成講座第1回目となりました。今回のテーマは

Windows7での新規アカウント作成

一台のパソコンを何人かで共有する場合にアカウントを個々に所有することで自分だけのデータ管理等が行えます。

コントロールパネルを開きます。

デスクトップ画面の「スタート」ボタンをクリックし、表示されたメニューの「コントロール パネル」をクリックします。

新規アカウント作成

ユーザーアカウントの追加または削除をクリックします。

「コントロール パネル」画面が表示されましたら、「ユーザーアカウントの追加または削除」をクリックします。
(画面の中で拡大してあるアイコンが目印です)

新規アカウント作成

新しいアカウントの作成をクリックします。

「アカウントの管理」画面が表示されましたら、「新しいアカウントの作成」をクリックします。

新規アカウント作成

アカウントの作成をクリックします。

「新しいアカウントの作成」画面が表示されましたら、以下のように設定し、「アカウントの作成」ボタンをクリックします。

新規アカウント作成

アカウント名をクリックします。

「変更するアカウントを選択してください」画面が表示されましたら、作成したアカウント名をクリックします。

新規アカウント作成

パスワードの作成をクリックします。

「アカウントの変更」画面が表示されましたら、「パスワードの作成」をクリックします。

新規アカウント作成

パスワードを作成します。

「パスワードの作成」の画面が表示されましたら、以下のように登録したいパスワードを入力し、「パスワードを作成」ボタンをクリックします。

新規アカウント作成

以下の画面が表示されましたら、アカウントの新規作成作業は完了です。ウィンドウを閉じてください。

新規アカウント作成

以上がWindows7のアカウント作成方法です。
初歩的なことかもしれませんが、初心忘れるべからず!ということで・・・

次回はThunderbirdでの追加メールアカウントを設定する方法をご紹介します。

パソコンユーザーに必要不可欠な「アカウント」

2011-08-29

皆さんこんにちは。いつもHP執事を見てくださりありがとうございます^^
今までウェブで必要な数々のまとめ記事を書いてきましたが、今日はパソコンを使用する際に必要な「アカウント」について説明します。

基礎的な内容ですが、とても重要なものです!たかがアカウント、されどアカウント

皆さんご存知の通り、アカウントとは、ユーザーが特定の領域にログインするために必要なものです。
アカウントにはそれぞれ役割があり、以下それぞれのアカウントについての説明です。

【1】ユーザーアカウント

ユーザーアカウントとは、コンピュータの利用者(ユーザー)を識別するための標識となる文字列です。 ネットワーク上の「身分」や「戸籍」にあたる大切なものです。
ユーザーがアクセスできるファイルやフォルダ、ユーザーがコンピューターに対して実行できる変更、およびユーザーの個人設定 (デスクトップの背景、スクリーン セーバーなど) を Windows に通知するための情報の集まりです。

ユーザー アカウントにより、自分専用のファイルや設定を保持しながら、複数のユーザーとコンピューターを共有することができます。各ユーザーは、ユーザー名とパスワードを使用して、自分のユーザー アカウントにアクセスします。 以後、ログオフするまでそのユーザーアカウントの持ち主としてネットワークを利用できるようになります。

【2】マルチアカウント

メールソフトなどが備える機能の一つで、一台のコンピュータで複数のアカウントを切り替えて使うことできる機能です。
マルチアカウントを利用することで、家族で同じコンピューターを共用したり、仕事用とプライベート用など用途に応じて複数のメールアドレスを使い分けたりすることができます。

他のソフトウェアやサービスなどでも、アカウントを切り替えて利用できるようになっています。
例を上げるとmixiやTwitterといったSNSです。これは自分のパスワードを入力すれば自分専用のアカウントのページに行くことができ、同じSNS上でもパスワードが違うのでそれぞれ自分のページに入れます。

【3】マルチユーザーアカウント

1台のパソコンに対し、同時に複数のユーザーが使用し、パソコンを共有するものです。
複数のユーザーがおり、一見プライベート等が無さそうですが、パスワードを設定することにより、自分しかログオンできないのでプライバシーが保護されます。

メール、お気に入りサイト等、人には知られたくないファイルなど見られる心配もなく、安心して使用できます。以上がアカウントの基礎知識となります。

次回からはFacebook、Twitter、Google 、Windows7OutlookThunderbirdのアカウント作成方法についてご説明いたします!

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY