Archive for the ‘オンラインストレージ’ Category

無料で使えるオンライン ストレージ firestorage(ファイアストレージ)

2012-01-26

皆さんこんにちわ。
今回はHP執事で今一番オススメするオンラインストレージ(Wed上の保管庫)をご紹介します。
それがこちら、
firestorage(ファイアストレージ)」です。
http://firestorage.jp/

特徴はなんといっても未登録でも保存容量無制限で使えてしまうことでしょう。

<特徴>
●未登録ユーザー
高速な専用回線
・保存容量無制限
・最大1ファイル4GBまで(1回の操作で同時送信20個)
フォルダごとアップロード可能
・最大7日間の預かり期間
・一つのダウンロードURLで複数のダウンロード可能
パスワードによるアクセス制限
コメントの挿入
・ダウンロードURL短縮機能

未登録でもこれだけすごいのに、無料登録ユーザーになればさらに嬉しい機能が。

●無料登録ユーザー(未登録ユーザーの機能に加え)
管理画面が利用可能に(無料)
・ダウンロード回数制限
・アクセス集計
・受信者による削除機能
・ダウンロード通知メール機能
・アップロードしたファイルをZIP形式で圧縮
グループメール機能(グループごとにアドレスを登録して「ファイル送信案内メール」を一斉送信できます)

・・・とても無料だなんて信じられない高機能ですね。

使い方はとても簡単。
(1)「著作権侵害など違法なファイルではない」にあるチェックボックスにチェックを入れると、アップロードボタンが表示されます。
(2)保存期間を選択し、アップロードボタンをクリック。
(3)アップロードしたいファイルを選んで完了したら、ダウンロードURLが発行されます。
(4)このURLをメールでお相手にお知らせしたら終了です。
アップロードボタンをクリックする前に「さらに高度な機能を使う」にチェックを入れると、上記のような色々な機能が利用できますよ。

個人用途だけでなく、ビジネス用途でも利用可能です。

過去のオンラインストレージ系記事については、こちらをご覧下さい。
宅ふぃある便&Evernote
無料で使えるオンライン ストレージ Windows Live SkyDrive

無料で使えるオンライン ストレージ Windows Live SkyDrive

2011-11-07

皆さんこんにちは。

今日は無料で使えるオンライン ストレージ  スカイドライブ(SkyDrive)について紹介します。

これは簡単に言うとネット上に置かれた自分専用の保管庫のようなものです。

インターネットにつながったパソコンがあればIDとパスワードを入力してその保管庫に接続することができます。

そしてパソコン内の写真やその他のファイルを保管庫に保存したり、そこから必要なファイルをパソコン内に取り出すことができます。

つまり自宅のパソコンでファイルをスカイドライブに保存しておけば、会社のパソコンや友人宅のパソコンで簡単に見ることや取り出すことができるわけです。

しかも容量は最大25GBまでで、保存しておける期間に制限はありません。

またパソコンだけでなく携帯電話からのアクセスも可能ですし、特定の人とファイルを共有することもできます。

誰もが使うことができるこのスカイドライブ。皆さんも使ってみたいと思われたのではないでしょうか?

ではこれからこのスカイドライブの使い方をご説明します。

スカイドライブを使うときには以下のような操作が必要になります。

  1. Windows Live IDを取得(サインアップ)する
  2. SkyDriveにサインインする
  3. ファイルをアップロードする
  4. SkyDriveからサインアウトする

 

1.Windows Live IDを取得する

Windows Live IDとはマイクロソフトが個人を認証するために使っているもので、マイクロソフトのサービスを利用するためには取得する必要があります。

今回は以下のスカイドライブのトップページから作成することにします。

Windows Live Sky Drive
http://windowslive.jp.msn.com/skydrive.htm

下図の「今すぐ使ってみる」をクリックします。

スカイドライブトップ

「サインアップ」をクリックします。

サインアップ

「Windows Live IDの新規登録」画面が表示されますので、すべての欄に入力し「同意する」をクリックします。

この時、入力するIDとパスワードは今後スカイドライブを使うたびに必要になりますので忘れないようにしてくださいね。

Windows Live IDを取得できると下図の画面が表示されサインインされた状態になります。

このままスカイドライブを使う場合は「3.ファイルをアップロードする」に進んでください。

 

2.SkyDriveにサインインする

スカイドライブのトップページを表示し、「今すぐ使ってみる」をクリックします。

スカイドライブトップ

下図のようにWindows Live IDとパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

これでスカイドライブが利用できる状態になります。

3.ファイルをアップロードする

アップロードとは自分のパソコンからサーバー上にファイルを送ることです。

サインインしている状態の下図の画面で「ファイルの追加」をクリックします。

下図のようにフォルダの選択画面が表示されますので、ファイルを保管するフォルダをクリックします。

作成するフォルダの名前を入力し、「次へ」をクリックします。

「コンピューターからドキュメントを追加」をクリックします。

パソコン内のファイルの参照画面が表示されますので、アップロードしたいファイルを選択し「開く」をクリックします。

これでスカイドライブにファイルを保存することができました。

 

4.SkyDriveからサインアウトする

スカイドライブを使い終わったら、サインアウトする必要があります。サインアウトをしないということは保管庫の鍵を開けっ放しにしている状態で、他の人に保管庫を見られる可能性があります。

下図の画面の右上の「サインアウト」をクリックします。

これでサインアウトできます。

 

宅ふぃある便&Evernote

2011-08-11

皆さんこんにちは。今日もとても便利なサイトを紹介します。

まず一つ目は「宅ふぁいる便」です。
http://www.filesend.to/

有名なのでご存知の方も多いのでは?
ファイルを送信する方は要会員登録なのですが、受け取る方は会員登録なしでOK。

最大10ファイルを一度の送信で送れ、ファイル送信容量は無料会員の場合は50MB

こちらが、送りたいファイルを添付し、受け取って欲しい相手のメールアドレスを入力するだけで自然にその相手にファイルが届けられます。あとは相手がファイルをダウンロードすれば終了。ファイルの送信相手がファイルを開封(ダウンロード)したことを開封確認メールで通知してくれるので安全安心ですね^^

ただ、送信可能な容量が無料会員の場合は50MBと制限があったり(無料で登録できるプレミアム会員の場合は最大100MBまで)、ファイルの保管期間が72時間と少ないのが難点です。ちなみに有料会員1GBまでOKです^^

二つ目は「Evernote(エバーノート)」です。
http://www.evernote.com/about/intl/jp/

これは知らない方も多いのではないでしょうか?一言で言うと「WEB上に置いておけるノート」です。

これは、テキスト情報、画像、Webページ、PDF、音声ファイルなど全てのファイルを一つの場所に入れて一元管理する事ができるサービスです。
ノート」と言われる場所(例えるなら「メモ帳」)に、画像やファイルを添付するだけでOK。ノートに付箋や写真を貼るといった形で「ノートの中に保管」する仕組みになっています。

情報は、タグをつけることにより整理でき、それらのファイルを、PC、携帯、Webで共有できるため、活用したいときにすぐに活用できるという優れもの!
なお、トップページよりログインする方法もあるのですが、ダウンロードして活用したほうが使い勝手が良いのでオススメです。(添付がドラッグ&ドロップで簡単にできます!)

月当たりの転送量ですが、無料会員1か月40MBと制限されています。
有料会員になると月500MBまで増えます。
でも保存容量無制限なので十分利便性があります。

そしてEvernoteの最大の魅力が検索機能です。

検索はタグやファイル名の検索だけでなく、なんとPDFファイルの中のテキストや画像の中の文字まで認識して検索する事が出来ます。これでどこにどのデータを置いたんだろう?と悩む心配がなくなりますね。

また、iPhoneAndriod携帯Blackberryと相性がよく、http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/よりご自分の携帯に該当するものをダウンロードして使うと、ボタン一つで画像を添付できたり、音声を添付できたりします。

ここで一つ良い活用方法を。
昔の資料を捨てたいけど内容をメモしたい。でもいちいちEvernoteに書くのが面倒だ・・・と思っている方。
その資料をスキャンして、画像として残しておく方法はいかがでしょうか?
これでその内容を入力する必要もなくなりますし、時間の節約になるのでは?
皆さんも是非使いやすい方法で活用して下さいね^^

【まとめ】無料オンラインストレージ

2011-07-26

皆さんこんにちは。今日は皆様にとても便利で実用的なソフトを紹介します。
その名も「オンラインストレージ」です。
オンラインストレージとは、巨大なデータの保管や、転送、共有を手軽にしたいといったニーズに応えたオンラインサービスです。
例えば職場でのデータを自宅に持って帰りたい場合、データを圧縮し、各HPにアップロードするだけでOK!

あとはご自宅でそのデータをダウンロードすれば良いといった形です。
とても便利なので皆さん是非使ってみてください。

オンラインストレージ

名前 容量 保存期間 アップロード制限 特徴
無料 有料オプション
SugarSync 5GB 料金により異なる 無制限 基本無制限 無料版でも容量が大きい。
好きなフォルダをオンラインにバックアップするように指定することが可能。
自動的に同期。日本語対応している。
Dropbox 2GB 100GB 無制限 350MB ローカルドライブ(フォルダ)のような感覚で扱える。アプリから直接フォルダーを指定してファイルを開くこともできる。
ZumoDrive 1GB 500GB 無制限 100MB 基本設定において、オンラインストレージ上のファイルが主体となっているため、一度ファイルを「ZumoDrive」上にアップロードしてしまえば、自分のPC内からはファイルを削除できる。
firestorage 250MB 2GB 最大7日間 250MB 会員登録をする必要がなく、気楽にデータをインターネット上に保存できる。転送速度が速い。
ソラ箱 5.1GB なし 無制限(半年ごとの更新) 100MB 容量が大きい。Windows用、iPhone用のクライアントを利用することも可能。
SkyDrive 25GB なし 無制限 50MB 機能がシンプル。
HotmailやMicrosoft Officeのオンラインバージョンなど、Windows Liveサービスに統合されている。相手を選んで共有したり、Excel、Word、PowerPoint、OneNote などの共同作業も可能。
MediaFire 無制限 なし 無期限 200MB ディスク容量無制限、アップロード制限無し。
登録もメールアドレスとパスワードのみですぐ使える。
panoramio 2GB なし 特に明記なし 25MB グーグルマップと連動して写真の付いた地図が載せられるサービス。自分だけのオリジナル地図を作成することが可能。

以上が特に有名な無料オンラインストレージサイトです。

表を見ると、容量が無制限なMediaFireは魅力的ですね・・・。しかし、日本語対応ページがないため、日本語化する必要があります。

一般的に知名度が高いのはSugarSyncDropboxSkyDriveです。

SugarSyncは指定したフォルダ内にあるファイルを、Web上のディスクスペースへ自動でバックアップできるオンラインストレージサービスで、機能が豊富。特に複数フォルダを複数のパソコン間で同期できるのはとても便利です。ビジネス用途のプランが設けられているのも特徴の一つ!

Dropboxはすべてのコンピュータで同期できることが利点です。またパソコンのフォルダの様にドラッグアンドドロップで好きなモノをいつでも入れられ、上書き保存してしまっても元に戻せます。アドオンなしで自由にアップロード、ダウンロード可能。また、入れたファイルは自動で同期されます。

SkyDriveはHotmailやMicrosoft Officeのオンラインバージョンなど、Windows Liveサービスに統合されている点が利点ですね。また、ファイルの閲覧や共有がとても簡単。

どのサービスにもそれぞれ特徴があるので、何を一番必要とするかを考えご自分に一番あったオンラインストレージを活用してくださいね。

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY