Archive for the ‘画像’ Category

画像の解像度と印刷

2014-02-24

画像の解像度と印刷

いずれも、ブログやホームページに掲載している写真は低解像度なので、そのファイルをそのまま印刷に使用すると、解像度不足のため、ぼやけた、不鮮明な写真になってしまいます。

印刷する際には、撮影してパソコンに保存した時のオリジナルの高解像度の写真が必要になります。

おすすめはできませんが、印刷品質を気にしないのであれば、ブログやホームページに掲載している写真をそのまま使用するこもできます。

原稿として提供する場合

実際に名刺やパンフレットなど、原稿として提供する画像に関しては、とにかく高解像度のものを提供しましょう。

ここでいう高解像度とは、未圧縮のJPEG、つまり最高画質の設定にして撮影した写真、形態やスマートフォンなら撮影時のメガの数字が多ければ多いほど良いです。

テレビに例えるなら昔の病室の脇に置いてある画面の小さいアナログテレビと最新の4Kや、フルハイビジョンのテレビくらいの違いがあります。

以下では、更に詳しく解像度とピクセルについてご説明します。

  

「解像度(dpi)」と「pixel(ピクセル)」

デジタル画像(JPEG)などをそのまま印刷した事がある方は経験したことがあると思いますが、パソコンの画面上に表示される画像サイズと、実際印刷をした時のサイズは、同じではありませんよね?

また、パソコンのモニターでは普通に表示されているのに、実際印刷するとモザイクのように粗くなってしまったことはありませんか?

画像を扱う際、よく耳にする“解像度”と“ピクセル”の基礎知識を理解しておくと、トラブルなくキレイに印刷物を作成することができます。

  

解像度(dpi)

画像はすべて点(ドット)が集まって表示されています。

単位の「dpi」は“dot per inch(ドット パー インチ)”の略。
つまり、1インチ(2.54cm)あたりにどれだけの密度で点が集まっているかを指す数値を『解像度』というのです。

解像度による画像の違い

▼Wikipediaより引用
Wikipedia 解像度
Wikipedia 解像度
Wikipedia 解像度

  

出力に適した解像度

解像度が高ければ高いほど印刷品質は良くなります。

しかし「どれでも高い解像度にすれば良い」というわけでもありません。
壁に張るポスターや、手元で見る印刷物、ウェブサイト上で表示する画像など、それぞれ用途に応じた解像度を選択する必要があります。

・リーフレットなどの商業印刷 300~350dpi
・A1~A2サイズのポスター 150~250dpi
・Webなどのモニター画像 72dpi~96dpi
※一般的な目安です

解像度を制作物の適正値より上げ過ぎても、印刷品質が向上するわけでもなく、かえってファイル容量が大きくなりスムーズに印刷できない場合があります。
また、低すぎても画像の粗が目立ってしまうので注意しましょう。

  

pixel(ピクセル)数

そして解像度と密接な関係にあるのが『pixel(ピクセル)数』。
1つの画像データに含まれる点の総数をいいます。画素数ともいいます。
画素数は拡大・縮小してもその点の数は変わりません。(画像編集ソフトなどで調整することは可能)

ちなみに、よくデジタルカメラなどで耳にする、“メガピクセル”は100万画素、“5メガピクセル”は500万画素の画像ということなのです。
どちらの方が高画質かというと、当然数字の大きい5メガピクセルの方が高画質です。

  

解像度による印刷サイズの違い

画像の印刷サイズやpixelサイズは、数式に当てはめると簡単に計算できます。
掲示物や印刷物を作成される方は参考にしてみてください。

ピクセル数(pixel)⇒用紙(mm)に変換:(ピクセル数/解像度)×25.4

用紙(mm)⇒ピクセル数(pixel)に変換:(用紙×解像度)/25.4

解像度が高ければ、見た目もきめ細かい画像になりますが、同じピクセルサイズで解像度が低い画像に比べると印刷サイズは小さくなります。

逆に、解像度が低い画像は同じピクセルサイズで解像度が高い画像に比べ、印刷サイズは大きくなりますが、その分点も大きくなり画像が粗くなりますので、注意が必要です。

解像度ごとの印刷サイズは過去の記事も参考になさってください。
【まとめ】デジタルカメラの画像サイズ

  

画素数による画面解像度

ここまで、印刷を中心に解像度についてご説明してきましたが、テレビやパソコンなどのディスプレイにも解像度があります。

画面解像度とは、コンピュータ等のディスプレイにおける解像度のことを言います。
ピクセル数が多ければ多いほど、表示できる画面サイズも大きくなります。

以下の表はピクセル数の少ない順に画面モードの種類を並べたものです。

▼Wikipediaより引用
画面解像度

各画面モードの詳細は以下のリンクを参照してください。
Wikipedia 画面解像度

デジカメ写真をまとめて縮小! スグレモ縮画ツール

2012-04-11

ドラッグ&ドロップだけで、写真サイズ、ファイル名の変更が一度にできる

皆さんこんにちわ。

今回は先回に引き続きソースネクスト社から発売されているスグレモノのソフトをご紹介致します。

その名もスグレモ縮画ツールです。

スグレモ縮画ツールの図

このソフトはあらかじめファイルサイズを指定しておくと、アイコン上にドラックした写真すべてを指定しておいたサイズに縮小してくれるのです。

何枚もの写真を画像編集ソフトで開いて縮小、開いて縮小… と繰り返す必要はもうありません。

またデジカメで撮った写真の日付と連番のファイル名もより分かりやすい名前に一度に変更することができます。

「毎日のブログの写真をいつも同じサイズに縮小したい」、「メールの相手から指定されたファイル形式で写真を添付して毎回送りたい」、そんな方にぴったりです。

毎日の作業の簡素化に使ってみるのはいかがでしょうか?

標準価格:1,980円

スグレモ縮画ツール


パソコン画面を手軽にキャプチャできるソフト! スグレモ3撮画ツール
インストール不要の無料画像加工ソフト NEVERフォトエディター

パソコン画面を手軽にキャプチャできるソフト! スグレモ3撮画ツール

2012-04-04

たった1980円でパソコン上の写真撮影が簡単にできる

皆さんこんにちわ。

今回はソースネクスト社から発売されているパソコン画面を手軽にキャプチャできるソフト スグレモ3撮画ツールについてお話しますね。

撮画ツール スグレモの図

このソフトはパソコン上に表示されているものの写真を撮ったり切り取ったりがとても簡単にできてしまう、正にスグレモノなのです。

パソコンの設定画面を後で参照できるようにメモしたり、エラーメッセージが出て慌ててメモするということはよくあるのではないでしょうか。

そんな時、このソフトがあれば紙と鉛筆はいりません。
カシャっと画面の写真を撮ればよいのです。

また初心者にとってブログやホームページの素材を用意するために、プロが使っているようなソフトをマスターするのは大変です。
でもこのスグレモ3があれば、そうした素材も簡単に作成することが可能です。

そしてとにかくシンプルで操作が簡単なのが、初心者には嬉しいところです。

以下はスグレモ3撮画ツールを説明する動画です。

初心者の方は画像の編集にまずはこのソフトから始めてみるのはいかがでしょうか?

スグレモ3 撮画ツール


インストール不要の無料画像加工ソフト NEVERフォトエディター
【まとめ】無料のデザイン・イラスト素材サイト

インストール不要の無料画像加工ソフト NEVERフォトエディター

2011-12-07

皆さんこんにちは。

今日は、インストール不要の、画像をブラウザ上で簡単に加工したりサイズ変更したりできる、とっても便利なサイト NEVERフォトエディター について紹介します。

NEVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

こちらのサイトを使えば、専用の画像編集ソフトをわざわざ起動しなくても、画像加工が出来ちゃいます。ブログ記事等にアップする写真加工にも便利。
ブラウザさえあれば起動するのでOSに依存しない上、感覚的にさくさく作業出来るので、知識の無い方でも使えちゃいますよ。

特徴は
1.無料
2.会員登録不要
3.ダウンロード不要。ブラウザ上で写真加工が出来る。
4.動きが速く、スムーズに加工が出来る。
5.5枚まで同時に加工可能。
などなど。便利な機能も盛りだくさんです!

使い方はいたってシンプル。
今回は、ブログ用に写真のサイズ調整をしてみましょう。

  1. 「フォトエディターを起動」をクリック
    フォトエディター1
  2. フォトエディターが起動したら、右下の「参照」をクリックすると、画面に写真が表示されます。
    フォトエディター2
  3. 上のメニューバーから[サイズ調整]を選択します。
  4. メニューバー下に現れた「サイズ調整」ボックスの、“比率維持”にチェックを入れ、縦横どちらかの比率を自由に変更し、[適用]をクリック。
    (画像の縁に現れた□をドラッグしても変更できます)
    フォトエディター3
  5. 好みのサイズになったら画面右下の[保存]をクリック。フォトエディター5

以上です。この他にも、画像の明るさを調整したり、写真に人物が写ってしまった場合等に使用できる「ぼかし」機能なども、簡単に使うことが出来ます。

画像ソフトは敷居が高い…なんて思っている人も、ぜひ試しに使ってみてくださいね。

【まとめ】デジタルカメラの画像サイズ

2011-09-29

皆さんこんにちは。
アカウント特集いかがだったでしょうか?
本日はパソコンから視点を切り替え、デジタルカメラについてお話いたします。

デジタルカメラの操作で重要なものの一つが画像のサイズです。
「写真として残せればいいや」といった考えですと
せっかく良いカメラを購入しても宝の持ち腐れとなってしまいます。

画像サイズの紹介の前にまず画像の基本情報をお話しますね。
デジカメで撮影した写真は「ピクセル」という点に変換されます。そのピクセルの数が多いほど高画質となります。
このピクセルとは言うならば「ドット(点)」です。

つまり1600×1200の画像サイズの場合、画像の中に横1600個、縦1200個の点が敷き詰められているということになります。
ですから画素数が高い=高画質となる訳です。
なお一般的に撮影サイズは静止画の場合 [幅 : ○ ピクセル × 高さ : ○ ピクセル]と表記されます。

以下デジカメの適切サイズまとめです。

デジカメのサイズについて

名前 画像サイズ(幅x高さ)
ホームページ掲載、メール添付など 640 × 480 ピクセル
800 × 600 ピクセル
L判プリント 1024 × 768 ピクセル
1280 × 960 ピクセル
2 L 判プリント 1600 × 1200 ピクセル
A 4 判プリント 2048 × 1536 ピクセル
2304 ×1728 ピクセル

いかがでしょうか?

もし撮影する時にどのサイズで印刷するか悩まれている方がいらっしゃいましたら、とりあえず大きな画像で保存しあとで縮小するといった手もあります。
しかしその場合、メモリーカードの関係でデジカメの容量が一杯になってしまう可能性もあるのでその辺りを注意しながら撮影してくださいね。

良い写真撮影で思い出作りして下さいね^^

【まとめ】無料ウェブアルバム

2011-07-26

皆さんこんにちは。皆さん、沢山の写真データの収納場所に困ったりしていませんか?そこで便利なのが「ウェブアルバム」です。

これはデジカメで撮影した写真や、イラスト、画像などをインターネット上で保存・公開できるサービスなのです!
例えばパソコンの容量が少なく、保存しきれない画像データがあるとしますよね?それをアップロードし、ウェブ上で保管できるだけではなく、旅行などの写真や自分で描いたイラストをアップすることにより、友人や家族、会社でも共有することができるんです。

ウェブアルバム

名前 保存容量(無料) 保存期間 アップロード制限 特徴
Picasa Web Album 1GB 無制限 各画像サイズ 20 MB 以下、50 メガピクセル以下、各動画サイズ 1GB以下 Googleアカウントを持っていれば使用できる無料のサービス。写真をクリックひとつでアップロードでき、共有した写真にコメントや注釈もつけられる。外部からの読み出しが可能なので、画像共有サイトからブログにリンクを貼り付けられる。閲覧制限機能があり、限定公開も可能。
フォト蔵 無制限 無制限 月間アップロードが1GBまでだが、トータルの容量、枚数は無制限 無料サイトでアップ容量は無制限。ただし月間のアップロード容量は1GBまで。ブログにも貼り付け可能。グループ内でのみ共有、インターネット公開いずれも可能。写真共有サイトというよりは外部ブログとの連携を得意としている。
はてなフォトライフ 無制限 無制限 毎月30MBまで
有料オプションをつければ3GBまで
はてなユーザーなら誰でも使用可能。フォルダごとに写真の公開範囲を設定できる。合い言葉を知っている人だけアクセスできる”なぞなぞ認証”機能、お絵描き機能もある。無料ブログのはてなダイアリーへの写真アップロードが可能。
Flickr 2GB トータル200枚を超えると古い写真は一覧に表示されなくなる 毎月写真は100MBまで(各10MBまで)ビデオは2個まで(各最大90秒、150MBまで) サイズの種類が豊富。リサイズしたものを実際自分の目で確かめることが出来る。スライドショーやアルバム作成のためのコード、ブログ埋め込みのプラグイン等が多数ある。

これがあれば自分のパソコン内に収納する必要がなくなり、パソコンも快適で写真の整理も簡単ですね。

一般的にメジャーなのは Picasaフォト蔵Flickr の3つ。

Picasa は WordPress との連携や、 iPhone アプリの量や質が高く、また picasa uploader をインストールしておけば、一括ダウンロードもできます。
人物の検索もできるので、他人が写っている写真だけを選択し、非公開にすることが可能です。

また、APIが利用でき、 少し手を加えるだけで管理することができます。自分のサイトからランダムに呼び出して例えば美人時計のように、時刻を組み込み表示するということも可能で カスタマイズ性がとても高いと評価ですが、容量が 1GB なのが若干ネックです。

フォト蔵はその容量が最大の魅力です。他にも iPhone に限らず携帯での写メールや Web 、専用ツール、 WebAPI でのアップロードと多彩な機能を持っており、 mixiや Twitter との連動もできます。
個人でも、 SNS 的コミュニティでも楽しめるといった万能タイプ。日記・コミュニティ・掲示板などの様々なサービスもあり、スライドショーやブログパーツも完備。
ただし、サイトで写真を使う際に、フォト蔵へのリンクが入ってしまうのが難点ですが、そこを除けばほぼ完璧な写真共有サービスです。

flickrは様々な角度から写真が探せます。検索し見つけたお気に入り写真をコレクションできたり、海外で使われていることが多いので 外国の方が撮影したセンスの良い写真が見られます。またリサイズの種類が豊富です。

サイトに貼る際のタグの自由がきく事も魅力のひとつですし、サイトで多くの写真を管理 している方にはありがたいサービス。
一番のネックは表示が「英語」であること。使い方は簡単ですが、初心者が見たら少々分かりにくいかもしれません^^;
また無料の場合、アルバムを3つしか作成することができません。

調べた結果、 Picasaフォト蔵を使用するユーザーが多いようです。 flickr も魅力的ですが、やはり英語なのが難点。

前回のオンラインストレージもレンタルサーバーもそうですが、いかにユーザーである自分が何を重視するかをよく考え、使用してみてください。
無料なので全部チャレンジするのもありかも・・・!

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY