Archive for the ‘SNS’ Category

Twitterアカウント凍結を防ぐ方法とその対処

2013-11-26

Twitterアカウント凍結の原因とその対処

Twitterは老若男女、多くの人が利用しています。同じ趣味や共通の話題で色々な人と交流できるTwitterは魅力的なツールです。
しかし、ひとつ気をつけなければいけないのが、アカウント停止、凍結です。

 

アカウント凍結の原因

では、なぜアカウントが凍結されてしまうのか、まずはその原因をあげてみましょう。

Twitter 公式ヘルプに禁止事項として記載されている以下のような行為を行うと、アカウントが停止され、全機能が利用できなくなります。
また、他のユーザーから見ると「申し訳ありませんが、このユーザーは凍結されました。」というメッセージが表示されるようになります。誤判定を除き、自動的には回復しません。次項の解除申請を参照してください。

●多くのユーザーからブロック、スパム報告された場合
●短時間の間に大量フォロー、リムーブ
●ツールによるフォロー、リムーブの自動化(フォロー返し除く)
●つぶやきがほとんどリンクをツイートしていて自動ツイートになっている
●ダイレクトメッセージの過剰送信
●出所を明示せずに他のユーザーのコンテンツを再投稿した場合
●複数アカウントで多重投稿
●複数のユーザーに対し、同じ内容の @投稿
●つぶやきと直接関係がないハッシュの利用
●大量アカウント、半年以上活動なし、アカウント売買目的
●マルウェア、フィッシング
●アイコンや背景がポルノ画像
●誹謗中傷・個人情報漏えい

以下に該当する場合もスパムと思われてブロックやスパム報告され、アカウント凍結の原因になることがあります。

●アイコンがたまご(初期のまま)
●ツイート数 0
●プロフィールの自己紹介が未記載
●フォロワーに大量の外国人

この他にも、まだ凍結の対象になる行為がありますが、特に気をつけたいのは以下の2点です。

 

1日のフォロー数は自分のフォロワー数の0.1倍まで

実はツイッターには0.1倍ルールというものがあって、これを破ってしまうと高確率で制限されてしまいます。
制限は凍結の前段階です。制限されるとツイート、フォローなど、一時的に利用不可になります。

例えば、自分のフォロワーが1000人居るアカウントであれば、その10%、100人以上を1日でフォローしてしまうと、アカウントが制限されてしまいます。
ただし、新規作成したアカウントの場合は、初日から30人など0.1倍を無視してフォローしても規制の対象にはならないのでご安心ください。

 

スパム報告・ブロック

スパム報告・ブロックとは、アフィリエイトのリンクを流すだけのbotアカウントや、迷惑なアカウントを通報できる機能です。
相手との接触を拒むことができるスパム報告やブロックですが、これらの行為が積み重なると、通報された側のアカウント凍結されてしまいます。

先にあげた過剰フォロー、リムーブなどを行わなくても、複数の人に通報されてしまうと、あなたが何もしていなくても凍結されてしまう場合もあります。
悪意のある人が、あなたのアカウントをスパム報告をして、凍結になってしまう・・・なんてこともありうるのです。

 

アカウント凍結の種類

アカウントが凍結されるとどうなるのか?凍結とその言葉通り、そのアカウントではツイートすることができなくなってしまいます。
その凍結にも段階があります。

 

レベル1.規制

フォロー数や、DM 数などが規定の回数に達すると一時的に利用できなくなります。この制限は自動的に回復します。ただし、これらはあくまでサーバーの機械的な制限であり、制限に達していなくても、次のレベル2の行為に該当する場合は、制限ではなく凍結の対象となってしまいます。 規定の一例
●フォロー数はフォロワー数 × 0.1 まで
●フォロー数は 1 日、1000 まで
●ツイート数は 1 日、1000 まで
●DM 数は 1 日、250 まで

レベル2では、パターンが分かれます。

 

レベル 2.凍結パターン1:警告

凍結処理をされたからといっていきなり該当アカウントの全てが使えなくなるわけではありません。

まずは警告段階です。初めて凍結処理を受けると、ツイッターアカウントにログインすると、トップに以下のような表示がされるようになります。
「あなたのアカウントは現在、凍結されています。詳しくは、凍結されたアカウントをご覧さい。」

この状態になると、フォロー&フォロワー数が0になり、ツイートは一切できません。
「凍結されたアカウント」をクリックし、規約のページが表示されるので、チェックボックスを2箇所チェックし、「確認する」をクリックします。

以上の手続きを行うと、凍結は解除されます。フォロー、フォロワー人数の表示は数時間以内に復活します。なお、記載にあるように Twitter ルールに違反し続けた場合、永久凍結になる可能性が高いため注意が必要です。

 

レベル 2.凍結パターン2:本凍結

一度凍結を受け、ルール遵守にも同意したにも関わらず、再度ルールを犯した場合は本凍結を受けます。

この場合、凍結解除ページが表示されないと思います。
Twitter問題報告フォームからアカウント凍結解除を申請します。

問題報告フォーム
すべての項目を入力し、「送信する」をクリックします。

問い合わせフォームに記載したメールアドレスに申請確認メールが届きます。内容をそのまま返信します。返信しなかった場合は、申請が受理されないので注意が必要です。
解除は早くて1日、長い場合は1週間ほどかかります。また、神聖を行っても解除されない場合もあります。

 

レベル 3.永久凍結

通常、凍結解除は 1 度だけ可能で、2 回目以降はほとんどの場合、永久凍結となります。復活はできません。

普通に個人でツイッターを利用、ビジネスに活用するにしても、アカウント凍結されてしまうのは困ります。
これまで述べたルールを守っていれば凍結のリスクを最小限に抑えることができます。
もし、凍結になっても、あわてずにきちんと対処を行うことが大事です。

Picasa(ピカサ)の表示エラーの対処法

2013-10-10

Picasa(ピカサ)表示エラー解決手順

Picasaへのリンクをクリックすると、以下のような404エラーや500エラーが表示された方がいるのではないでしょうか?


Picasaの500エラー

以前よりPicasaはGoogle+へ統合されてきており、今回の表示エラーもそのような流れに伴い更に仕様変更があったのだと思われます。

推測段階ではありますが、いくつかの考えられる原因と、その解決策を発見したので、ご紹介します。

原因1 ブラウザのバージョンが古い

ブラウザの種類バージョンによる可能性もあります。確認したところ、IE9以上できちんと見ることができました。
ChromeやIEでは見ることができて、Firefoxでエラー表示ということもあるので、まずはブラウザのバージョンを最新版にし、それでもダメな場合はIEを使うことで見ることができると思います。

原因2 Cookieやキャッシュが残っている

キャッシュを削除して、エラーが解消されたという報告もあります。ブラウザで解決しない場合はキャッシュを削除してみてください。

原因3 Google+のアカウントがアクティブでない

上記2つの方法でエラーが解消されない場合はGoogle+のアカウントを設定してください。

(1)Google+ にログイン。
既存のGoogleアカウントでログインできます。

(2)必須項目の入力
氏名、性別など必須項目のみ必要最低限の情報を入力します。
以上でGoogle+ の初期設定は完了です。

その後、表示されなかったPicasaを見てみるときちんと見れるようになります。
以下は、「山梨県学園交流ポータル さかおり」のPicasaです。Firefoxでは500エラーが表示されましたが、IEでは問題なく表示されました。
Picasaの表示エラー

以上、3つの方法を試してみると表示されていたエラーがなぜか、解決します。
どうしてこのような状況なのか、詳しいことはわかりませんが、原因がわからず困っている方は一度お試しください。

上記の方法で解決しない場合は、GoogleやPicasaの動作が安定していないということも考えられるので、少し時間を置いて様子をみるほうがいいのかもしれません。

Picasa ウェブ アルバムと Google+ の統合

「Google Plus」はGoogle版Facebookです。以前よりYouTubeやPicasaなどGoogleの提供する全ての機能はこの「Google Plus」上で集中管理・統合されていく流れがありました。

2013年3月5日から、PicasaのウェブアルバムのデータがGoogle+に移行されました。現在、Google+の利用者が http://picasaweb.google.com にアクセスしようとすると、Google+の写真カテゴリへ自動転送されるようになっています。

※従来のPicasaへは、以下のリンクからアクセスできます。
https://picasaweb.google.com/lh/myphotos?noredirect=1

今回の表示エラーもそのような流れに伴い更に仕様変更があったのだと思われます。

PicasaウェブアルバムのMac用アップローダーやiPhotoプラグインは、2012年の春段階でサポートを終了。同時にLinux版のサポートも終了しています。
少しずつ、Picasaサービスの終了準備が進んでいるのでしょう。

PicasaからGoogle+ へ写真を移動させる必要はありません。写真はすべてGoogle+の方で操作できるようになっています。
過去にPicasaウェブアルバムにアップロードした写真や、その他処理の状況を双方のサービスで同期が完了しています。

【まとめ】無料で使えるブログサービス 2013年度版

2013-09-06

2年前に投稿した記事では、情報が古くなってしまったので、追記という形で無料ブログサイトについて紹介します。

【1】livedoor Blog
ライブドアブログ

データ容量が毎日3MBづつ増量されるようになり、長く利用すれば、するほど容量が増える。Evemoteと連携ができる。ひとつのテーマにみんなで答える共通テーマ、お絵描き機能などもある。なお有料版は支払い方法等により料金が異なる。

有料:315円/月(PRO) 840円/月(ADVANCE) 1,890円/月(PREMIUM)
容量:実質無制限
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:△
ライブドアブログ

【2】Yahoo!ブログ
Yahoo!ブログ

ゲストブックがあり、記事と関係ない内容でも書き込みがしやすい。Yahoo!アバターで作成したアバターを自分のブログに表示することができたり、Yahoo!ブログユーザーが自分のブログをお気に入りに登録すると、「ファン」として登録されるといった機能がある。

有料:なし
容量:2GB
HTML/CSS:×/×
独自ドメイン:×
Yahoo!ブログ

【3】JUGEMブログ
JUGEMブログ

テンプレートの種類が豊富で5000種類以上ある。 HTML と CSSが使用可能なのでカスタマイズも自由にできる。画像も一度に3枚同時にアップロードが出来、絵文字も豊富。

有料:315円/月(初期費用:368円)
容量:1GB
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:△
JUGEMブログ

【4】Amebaブログ
Amebaブログ

ブログだけでなく、ゲーム、ミニブログ、コミュニティなどが充実。芸能人・有名人で使用されている方が多い。毎日更新しているブロガーが多いのも特徴の一つ。なお、広告は有料プランに加入した場合、PCモバイルともにはずすことが可能。

有料:画像容量アップコース:189円/月、広告非表示コース:980円/月
容量:2GB
HTML/CSS:×/○
独自ドメイン:×
Amebaブログ

【5】FC2ブログ
FC2ブログ

一定時間ごとに自動下書き機能があるので記事を誤って消してしまった場合も安心。テンプレートは5000種類以上。リアルタイムプレビュー機能があるので確認しながら記事が書ける。

有料:なし

容量:1GB
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:×
FC2ブログ

【6】エキサイトブログ
エキサイトブログ

画像をドラック&ドロップでアップロード出来、500KBを超える写真をアップロードすると自動で縮小される。ブログにバナー広告の表示がない。

有料:250円/月
容量:30MB(最大1GB)ネームカードに登録(無料)すれば1GB
HTML/CSS:△/△(制限有)
独自ドメイン:×
エキサイト

【7】yaplog!
yaplog!

予め用意されているテンプレートのほかにHTMLによるページのカスタマイズも可能。可愛いテンプレートが多く、どちらかというと女性向きなイメージ。

有料:367円/月、2,200円/半年、4,410円/年
容量:1TB
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:△
yaplog!

【8】はてなダイアリー
はてなダイアリー

はてなダイアリーポイントプログラムというものが初期設定であるがそれをはずすとブログに広告が表示されない。しかし90日以上更新がないと広告が入ってしまう。また、携帯電話やスマートフォンでは、有料プランである「はてなダイアリープラス」に未加入の場合は常に広告が掲載されてしまう。

有料:280円/月(プラス)、380円/月(ダイアリープラス+フォトライフプラスセット)
容量:月30MB
HTML/CSS:△(ヘッダーフッターのみ可)/○
独自ドメイン:×
はてなダイアリー

【9】Blogger
Blogger

Googleが運営しているブログサービス。広告表示がなく、1 アカウントで、複数のブログを運営できる。ブログにコメントがあるとメールでお知らせしてくれる機能もある。

有料:なし
容量:1GB
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:○
Blogger

【10】WordPress
WordPress

レンタルサーバーにインストールして利用するWordPressが無料レンタルブログで登場しました。Akismet装備でたいていのスパムは防げます。複数ブログを作成することも可能で、制限はありません。基本的なアクセス解析もできます。

有料:あり
容量:3GB
HTML/CSS:×/△(有料オプション)
独自ドメイン:○
WordPress

【11】忍者ブログ
忍者ブログ

忍者ブログは実質容量無制限。独自ドメイン対応、HTML・CSSを直接編集してテンプレートのカスタマイズも可能、編集エディタも使いやすく高機能です。iPhone、Androidにも対応。基本的な機能は、ほぼ装備されています。

有料:あり
容量:100MB
HTML/CSS:○/○
独自ドメイン:○
忍者ブログ

※一部の有料版は容量の多きさ等により金額が異なります。

2011年度版の記事もご覧ください。

【まとめ】無料で使えるブログサービス 2011年度版

【まとめ】無料で使えるブログサービス 2011年度版

2011-09-09

皆さんこんにちは。今日は無料ブログサイトについて紹介いたします。

2013年度版の記事を公開しました。こちらもご覧ください。
【まとめ】無料で使えるブログサービス 2013年度版

ブログは今や小学生も作れるほど簡単なものとなっています。
また、紙で日記を残すのではなくWEBで日記を残そうとする方にも最適だと思います。

芸能人でもされている方が多いですね^^

オススメ無料ブログ

名前 有料 ブログ容量 HTML/CSS 特徴
Yahoo!
ブログ
なし 2GB ×/× ゲストブックがあり、記事と関係ない内容でも書き込みがしやすい。Yahoo!アバターで作成したアバターを自分のブログに表示することができたり、Yahoo!ブログユーザーが自分のブログをお気に入りに登録すると、「ファン」として登録されるといった機能がある。
JUGEM
ブログ
315円/月
(初期費用:368円)
1GB ○/○ テンプレートの種類が豊富で5000種類以上ある。 HTML と CSSが使用可能なのでカスタマイズも自由にできる。画像も一度に3枚同時にアップロードが出来、絵文字も豊富。
Ameba
ブログ
画像容量
アップ
コース:189円/月広告
非表示
コース
:980円/月
2GB ×/○ ブログだけでなく、ゲーム、ミニブログ、コミュニティなどが充実。芸能人・有名人で使用されている方が多い。毎日更新しているブロガーが多いのも特徴の一つ。なお、広告は有料プランに加入した場合、PCモバイルともにはずすことが可能。
FC2
ブログ
なし 1GB ○/○ 一定時間ごとに自動下書き機能があるので記事を誤って消してしまった場合も安心。テンプレートは5000種類以上。リアルタイムプレビュー機能があるので確認しながら記事が書ける。
livedoor
ブログ
315円/月(PRO)
840円/月(ADVANCE)
1,890円/月(PREMIUM)
実質無制限 ○/○ データ容量が毎日3MBづつ増量されるようになり、長く利用すれば、するほど容量が増える。Evemoteと連携ができる。ひとつのテーマにみんなで答える共通テーマ、お絵描き機能などもある。なお有料版は支払い方法等により料金が異なる。
エキサイト
ブログ
250円/月 30MB(最大1GB)
ネームカード
に登録(無料)
すれば1GB
△/△(制限有) 画像をドラック&ドロップでアップロード出来、500KBを超える写真をアップロードすると自動で縮小される。ブログにバナー広告の表示がない。
yaplog! 367円/月
2,200円/半年
4,410円/年
1TB ○/○ 予め用意されているテンプレートのほかにHTMLによるページのカスタマイズも可能。可愛いテンプレートが多く、どちらかというと女性向きなイメージ。
はてなダイアリー 280円/月
(プラス)
380円/月
(ダイアリープラス+フォトライフプラスセット)
月30MB △(ヘッダー
フッター
のみ可)/○
はてなダイアリーポイントプログラムというものが初期設定であるがそれをはずすとブログに広告が表示されない。しかし90日以上更新がないと広告が入ってしまう。また、携帯電話やスマートフォンでは、有料プランである「はてなダイアリープラス」に未加入の場合は常に広告が掲載されてしまう。
Blogger なし 1GB ○/○ Googleが運営しているブログサービス。広告表示がなく、1 アカウントで、複数のブログを運営できる。ブログにコメントがあるとメールでお知らせしてくれる機能もある。

※一部の有料版は容量の多きさ等により金額が異なります。

いかがでしょうか?
テンプレートが予め用意してあるので数回のボタン操作で立派なブログが作成でき、カスタマイズによってはよりオリジナリティの高いブログが作れます。

ブログを運営する上で一番大切なのは「更新」です。
どんなにカスタマイズがされ、格好良いブログでも記事が少ないとユーザーは逃げてしまいます。
せめて2週間に一度は更新する・・などといった目標をたててみてはいかがでしょうか?
ネタに困ったら写真を多くアップするなど工夫されると良いかもしれません。

ただし、様々な方から見られているので不適切な発言をしてしまうとブログが「炎上」する恐れもあるので注意しましょう。
正しいネチケットを守って良いブログライフを!

【まとめ】無料で使えるブログサービス 2013年度版

第3回 Facebookでの新規アカウント作成

2011-09-05

皆さんこんにちは。
第3回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Facebookでの新規アカウント作成

Facebookは実名主義のSNSです。なので安心して交流できます。
まだアカウントを持っていない方はこれを機会に作成してみてはいかがでしょうか?

Facebookへアクセスします。

Facebookのトップページを開きます。
http://ja-jp.facebook.com/
画面の指示に従い・姓・名・メールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

※姓・名:漢字、ひらがな、アルファベットどれでもOK
※パスワード:英数組み合わせて6ケタ以上

新規アカウント

セキュリティチェックをします。

次にセキュリティチェックのため、画面に表示されている英語を入力し、「登録」ボタンをクリック。すると先ほど入力したメールアドレスに登録完了のためのメールが届きます。これでアカウントは作成されました。

新規アカウント

Facebookは実名登録によるSNSであり、現在は全世界で5億人ものユーザーに利用されています。
外国の方とも繋がることができますが、出身校の同級生や、身近な友人を検索することもできます。

主に「ウォール」と呼ばれる部分に投稿し、他のユーザーと交流をします。文字数は最大420字です。
ウォールには写真や画像を簡単に投稿することも可能です。

新規アカウント

また、「いいね!」というボタンがウォールの部分についています。
他の方のウォールを見て共感したら「いいね!」ボタンを押すことにより気軽にコミュニケーションをとることができます。

新規アカウント

ノートという機能を使い、Facebookの中にブログのような長文の日記を書くことも出来ます。

次回はTwitterでの新規アカウント作成について紹介いたします。

最後にホームページの集客・アクセスアップの活用方法についてお話します。

ホームページの集客・アクセスアップの活用方法

魅力的なサイトにする

まずサイトそのものに魅力やコンテンツがないとアクセスしてもらえません。
アクセスしてもらえる「お役立ち情報」や「記事」を充実させましょう。

メールマガジンを活用する

メールマガジンといった方法もあります。ホームページの訪問者にメールマガジンを登録してもらい、メルマガを発行することで定期的にホームページへと集客する方法です。検索連動型広告とは違い、ホームページの運営者がお客様に能動的に働きかけることができます。

SNSを活用する

SNSの活用も一つの手です。
SNSに自分のサイトやブログを紹介し、それを見ているフォロワーや友達がアクセスをし集客に繋がります。

SEOを活用する

そして重要なのはSEOです。
SEOとは検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自分のサイトが表示されるように工夫することを表します。また、そのための技術やサービスのことを言います。
SEOが強いサイトほど検索した際に上位に表示され、クリックされる回数も増え自然と集客に繋がります。

上位のことを踏まえて集客・アクセスアップ頑張ってくださいね!

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY