12月, 2011年

便利なwed無料ツール詰め合わせ~1回目~

2011-12-28

皆さんこんにちは。

今回は、無料で、ブラウザ上で使える便利なツールを一挙に4つご紹介します。
今日ご紹介するツールは、全ソフトインストールいらず、ブラウザ上で使える物ばかりです。
今まで色んなソフトを起動しながらの作業がわずらわしくて仕方がなかったという方、ためしに使ってみたいという方必見ですよ。

 

  1. ブラウザ上で写真加工できるサイト「NEVERフォトエディター

    naever

    こちらのツールは、画像の縮小やトリミングはもちろん、彩度や色味補正なんかもできてしまう、高機能な画像編集ツールです。
    ブログに載せる画像の加工等に使えそうですね。
    動作も軽快、感覚的に操作できちゃいますよ。

    詳しい使い方はこちらまで。
    インストール不要の無料画像加工ソフト NEVERフォトエディター

     

  2. ブラウザ上でWord,Exel,パワーポイントが使える「google docs

    googledocs

    Googleのアカウントさえあれば、ブラウザ上でエクセル・ワード・パワーポイント・簡単なペイントツールを使用することができます。
    それを他のアカウントの人とも共有できますよ。

     

  3. ブラウザだけでフラッシュを作成してくれる「wonderfl

    wonderfl

    新しくFlashをつくることはもちろん、すでにwonderflへ投稿されている8万5000以上のActionScriptを自由にアレンジ、保存することができるサイトです。YahooやミクシーなどのIDで入ることができます。

     

  4. ブログの携帯用画面などの確認が出来る「サイトビューワ

    gooサイトビューワ

    画面右のURL欄にアドレスを入力するだけで簡単に携帯サイトの表示チェックやブログの携帯用の表示調整などが出来ます。
    一番下に戻る進むボタンや各社キャリア切り替えボタンが付いているので、パソコン一つでかなりのキャリアをカバーすることができますよ。

 
このほかにも、まだまだ色々な便利なツールが世の中には存在しています。
皆さんも是非自分にあったツールを探してみてくださいね。

TO、CC、BCCの使い分け

2011-12-21

皆さんこんにちは。今回は、TO、CC、BCCの使い分けについて説明していきたいと思います。

TO、CC、BCCにはそれぞれ次のような意味があります。

TO(宛先) 本命のやり取り相手。
CC 「TO(宛先)の人に送ったので念のため見てくださいね」という意味
BCC 本命には内緒でお知らせ。(BCCの)アドレスが見えないように連絡する場合

TO・CC・BCCともに、複数のアドレスを入力することが可能です。
アドレスとアドレスの間を「,(カンマ)」「;(セミコロン)」で区切りましょう。

Toの使い方

・当事者
・返信義務○

送信相手が1人の場合。または同等に送りたい相手が複数いる場合。
TOに複数のアドレスを記入すると、受信者は誰が返事するべきか迷うときがあるので、相手がはっきりしている場合は最も送りたい1人のアドレスだけにしておくのがよいでしょう。

CCの使い方

・他の人にも知らせたい(上司など)
・報告したいとき
・文中に「CC:○○様」と明記
・返信義務△

「CC」に入力したメールアドレスに、同じ内容のメールが送信されます。
「TOさんにこのようなメールを送ったということを、Ccさんも理解しておいてくださいね」という意味で使われます。
TOさんも、「CCさんにこのメールが送られた」ことが分かるので、上司や同プロジェクトの人などをここに入れておけば、「CC(上司等)さんなどもこのメールを確認している」という意思表示になり、受信者も安心するという効果があります。
そのため、返信する必要はありませんが、確認の必要はあるといえるでしょう。
<注意点>
CCに入力されたアドレスは、TO、CC、BCCの受信者全てに知られてしまいます。個人情報の流出、ということにもなりかねないので、面識のない人同士に一斉送信する場合、基本的には「CC」は使用しない方が良いでしょう。
また、使用時は文中に「(CC:○○様)」と明記しましょう。
(序列がわからない場合は、その仕事に関係が深い順番、もしくは50音順など説明がつく法則を取り入れるとよいでしょう。)
Toさんが、CCがいると気がつかず、内密な内容を返信してしまうということも考えられます。
メール受信時に一目で誰が受信しているのか分かれば、トラブルも防げます。
CCで届いたメールに返信する場合、「全員に返信するべき内容」か「送信者にのみ返信」するべきかをよく考えてから返信しましょう。不必要なメールを送ることは相手にとって迷惑になります。共有すべき情報ならば「全員に返信」そうでない場合は「送信者にのみ返信」しましょう。

BCCの使い方

・取引先へのメールを上司に念のため見せておきたいとき
・面識が受信者同士無い、複数の相手にメールを送る場合(文中に「一斉配信のためBCCで失礼します」)
・返信義務△

「CC」と同様に「BCC」に入力したメールアドレスにも、同じ内容のメールが送信されます。
「CC」との違いは「BCC」に入力されたメ-ルアドレスは受信者には表示されないので、他の人にメールが見られていると分かりません。
受信者へ他の受信者がいることや、他の受信者のメ-ルアドレスがわからないようにする場合は、「BCC」欄を使用します。
基本的には受信者同士の面識がない場合は、BCCを使った方が良いです。
BCCの受信者は「他の誰に送ったか」がわからないため、たとえばアドレス変更時のお知らせなど、複数の面識がないもの同士に送りたい時に、アドレスを漏らさず一斉送信をすることができます。
その場合、文中に「一斉配信のためBCCで失礼します」と記入しておくと良いでしょう。

間違えると怖いけれど、使うととっても便利なCC・BCC。皆さんもぜひ使ってみてくださいね。

インストール不要の無料画像加工ソフト NEVERフォトエディター

2011-12-07

皆さんこんにちは。

今日は、インストール不要の、画像をブラウザ上で簡単に加工したりサイズ変更したりできる、とっても便利なサイト NEVERフォトエディター について紹介します。

NEVERフォトエディター
http://photoeditor.naver.jp/

こちらのサイトを使えば、専用の画像編集ソフトをわざわざ起動しなくても、画像加工が出来ちゃいます。ブログ記事等にアップする写真加工にも便利。
ブラウザさえあれば起動するのでOSに依存しない上、感覚的にさくさく作業出来るので、知識の無い方でも使えちゃいますよ。

特徴は
1.無料
2.会員登録不要
3.ダウンロード不要。ブラウザ上で写真加工が出来る。
4.動きが速く、スムーズに加工が出来る。
5.5枚まで同時に加工可能。
などなど。便利な機能も盛りだくさんです!

使い方はいたってシンプル。
今回は、ブログ用に写真のサイズ調整をしてみましょう。

  1. 「フォトエディターを起動」をクリック
    フォトエディター1
  2. フォトエディターが起動したら、右下の「参照」をクリックすると、画面に写真が表示されます。
    フォトエディター2
  3. 上のメニューバーから[サイズ調整]を選択します。
  4. メニューバー下に現れた「サイズ調整」ボックスの、“比率維持”にチェックを入れ、縦横どちらかの比率を自由に変更し、[適用]をクリック。
    (画像の縁に現れた□をドラッグしても変更できます)
    フォトエディター3
  5. 好みのサイズになったら画面右下の[保存]をクリック。フォトエディター5

以上です。この他にも、画像の明るさを調整したり、写真に人物が写ってしまった場合等に使用できる「ぼかし」機能なども、簡単に使うことが出来ます。

画像ソフトは敷居が高い…なんて思っている人も、ぜひ試しに使ってみてくださいね。

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY