Posts Tagged ‘Facebook’

Facebookの機能を覚えよう

2012-11-05

みなさん、Facebookにはもう慣れましたか?
少し慣れてきたところでFacebookでコミュニケーションの方法を覚えましょう。

Facebookにはおおまかに分けて4つのコミュニケーションの方法があります。

「あいさつ」、「いいね!」、「ダイレクトメッセージ」、「友達になる」

「あいさつ」、「ダイレクトメッセージ」や「友達になる」などはどのSNSにもありますが、「いいね!」はFacebook特有のボタンになります。

各ボタンの意味はわかるけど、使い分けはどうしたらいいのか?
と思う方も多いのでこの4つのボタンの使い分けをご説明します。

 

 

「あいさつ」

Facebookの機能 あいさつ

簡単に言うと日常でのあいさつと同じ感覚。
日常の中で知り合いを見かけたら、あいさつをしますね。「こんにちは」「久しぶり」「元気?」「よっ!」など様々ですが、知り合いにあいさつをする感覚で使うと良いでしょう。
Facebookの「あいさつ」機能は、日常でのあいさつと同じように、最も原始的で、最も気軽なコミュニケーションです。
日常と同じように友達にあいさつをされたら、あいさつを返しましょう。
あいさつは相手のページにいきメッセージからあいさつをしましょう。

 

「いいね!」

Facebookの機能 いいね!

こちらは「いいね!」と思ったものを評価して、それを友達に共有するという意味が込められています。
友達の記事を読んでいて単純に「この情報いいね!」と思ったらクリックする感覚で良いでしょう。
逆に自分の記事に対して、友達がクリックしてくれることがあります。「いいね!」の数が多ければ多いほど「この記事はいいね!がついていて、いい内容なんだな」などの印象を他のユーザーに与えることができます。

みんなに「いいね!」と思ってもらえる記事を書くよう心がけましょう。

 

「ダイレクトメッセージ」

Facebookの機能 ダイレクトメッセージ

Facebookの機能 ダイレクトメッセージ

他のユーザーにも見られてしまうコメントとは違い、ダイレクトメッセージを使えば第三者には読まれず、相手だけにメッセージを送ることができます。
例えば、個別にお願いしたい用件があるときや友達申請されたときにお礼のメッセージを送ることによく使われます。
もし、自分が知らない人からいきなりダイレクトメッセージがびっくりしますよね。なので、基本的にダイレクトメッセージを送る相手は、友達になります。

 

「友達になる」

Facebookの機能 友達になる
こちらも名前の通り「友達」になるボタンです。
Facebookは本名で登録している人が多いので、昔の友人や最近連絡していない人などを見つけることができます。しかし、昔の友達だからといってむやみに友達申請をするのはやめましょう。同姓同名、何らかのトラブルがあり連絡を取らなくなったなど理由は様々なので、まずはあいさつやいいね!など簡単なコミュニケーションからしていきましょう。

また、「友達になる」というのは昔の友達だけではなく全く知らない人に友達申請ができます。気が合いそう、友達にほしいなど思った人には友達申請をしてみましょう。もし相手が良ければ、友達になれます。
しかし、こちらもダイレクトメッセージと同じで日常で知らない人から「友達になろうよ」と言われても素直にうんとは言えません。
友達申請をしたい相手とはあいさつや、いいね!など簡単なコミュニケーションからしてきましょう。

簡単にまとめると「友達になる」は交流が深まってから使うボタンになります。

 

この4つの機能を使い分けてFacebookでのコミュニケーションを楽しんでください。

Facebookでの新規アカウント作成
TwitterのツイートをFacebookに連動して表示させる方法

TwitterのツイートをFacebookに連動して表示させる方法

2012-10-26

皆さんはTwitterでのツイートが、Facebookにそのまま反映できるという連動機能をご存知でしょうか?
「毎日TwitterとFacebookを両方更新するのはちょっと面倒くさい・・・」と思っているあなたに最適です!

TwitterのツイートをFacebookに連動させる設定の方法。

TwitterとFacebookのアカウントを持っていれば、今すぐに設定が可能です。
さっそくその方法をご紹介しましょう。

Twitter Facebook 連動

1.まず連動させたいFacebookアカウントでログインし、 画面上の検索窓で「Twitter」と入力して検索します。

 


Twitter Facebook 連動

2.検索結果に上記の「Twitter」のアプリケーションが現れますので、 「アプリケーションへ移動」をクリックしてください。

 


Twitter Facebook 連動

3.上記画面の中にある 「Go to your Twitter Profile Setting to start」と書かれたボタンをクリックしてください。

 


Twitter Facebook 連動

4.Twitterの設定ページへ飛びますので(Twitterにまだログインしていないときは、先にログイン画面が出ますので連動させたいアカウントでログイン)、 画面下にある「ツイートをFacebookに表示する」をクリックしてください。

 


Twitter Facebook 連動

5.画面が変化し現在ログインしているFacebookアカウントが表示されます。また、 「Facebookと連携する」というボタンが出ますのでこちらをクリックしてください。

 


Twitter Facebook 連動

6.FacebookからTwitterのアプリケーションと連動するかどうかの確認ページが表示されますので、その中にある 「Facebookでログイン」をクリックします。

 


Twitter Facebook 連動

7.FacebookとTwitterのアプリケーションが連動するにあたって以下の内容を許可するか、確認を求めてきます。不許可にする場合は右側の「×」ボタンを押してください。
よく分からないという場合は、何も弄らなくて結構です。

・Facebookページの管理
TwitterからFacebookページにログインできるようにしても良いか。

・あなたにかわって投稿
Twitterでツイートした内容をFacebookの投稿に表示しても良いか。

確認が終わったら、 下の「許可する」をクリックしてください。

 


Twitter Facebook 連動

8.Twitterの設定ページに行き、 「このアカウントはFacebookと接続されています」と表示されていれば成功!
TwitterのツイートがFacebookに反映されるようになります。

いかがでしたでしょうか。
この設定さえしておけば、日々の更新が簡単になります。

是非、お試しください。

第4回 Twitterでの新規アカウント作成
Twitterの「ボタン」「ウィジット」「ロゴとアイコン」利用方法

第3回 Facebookでの新規アカウント作成

2011-09-05

皆さんこんにちは。
第3回目となりましたアカウント設定紹介。今回のテーマは

Facebookでの新規アカウント作成

Facebookは実名主義のSNSです。なので安心して交流できます。
まだアカウントを持っていない方はこれを機会に作成してみてはいかがでしょうか?

Facebookへアクセスします。

Facebookのトップページを開きます。
http://ja-jp.facebook.com/
画面の指示に従い・姓・名・メールアドレス・パスワード・性別・生年月日を入力し、「登録」ボタンをクリックします。

※姓・名:漢字、ひらがな、アルファベットどれでもOK
※パスワード:英数組み合わせて6ケタ以上

新規アカウント

セキュリティチェックをします。

次にセキュリティチェックのため、画面に表示されている英語を入力し、「登録」ボタンをクリック。すると先ほど入力したメールアドレスに登録完了のためのメールが届きます。これでアカウントは作成されました。

新規アカウント

Facebookは実名登録によるSNSであり、現在は全世界で5億人ものユーザーに利用されています。
外国の方とも繋がることができますが、出身校の同級生や、身近な友人を検索することもできます。

主に「ウォール」と呼ばれる部分に投稿し、他のユーザーと交流をします。文字数は最大420字です。
ウォールには写真や画像を簡単に投稿することも可能です。

新規アカウント

また、「いいね!」というボタンがウォールの部分についています。
他の方のウォールを見て共感したら「いいね!」ボタンを押すことにより気軽にコミュニケーションをとることができます。

新規アカウント

ノートという機能を使い、Facebookの中にブログのような長文の日記を書くことも出来ます。

次回はTwitterでの新規アカウント作成について紹介いたします。

最後にホームページの集客・アクセスアップの活用方法についてお話します。

ホームページの集客・アクセスアップの活用方法

魅力的なサイトにする

まずサイトそのものに魅力やコンテンツがないとアクセスしてもらえません。
アクセスしてもらえる「お役立ち情報」や「記事」を充実させましょう。

メールマガジンを活用する

メールマガジンといった方法もあります。ホームページの訪問者にメールマガジンを登録してもらい、メルマガを発行することで定期的にホームページへと集客する方法です。検索連動型広告とは違い、ホームページの運営者がお客様に能動的に働きかけることができます。

SNSを活用する

SNSの活用も一つの手です。
SNSに自分のサイトやブログを紹介し、それを見ているフォロワーや友達がアクセスをし集客に繋がります。

SEOを活用する

そして重要なのはSEOです。
SEOとは検索エンジンの検索結果のページの表示順の上位に自分のサイトが表示されるように工夫することを表します。また、そのための技術やサービスのことを言います。
SEOが強いサイトほど検索した際に上位に表示され、クリックされる回数も増え自然と集客に繋がります。

上位のことを踏まえて集客・アクセスアップ頑張ってくださいね!

© 2009 山梨県パソコン入門書 ホームページ執事(無料のパソコンオンラインスクール) Theme by ホームページデザイナー Powered by VISUAL LITERACY